胎盤を食べないのは実は人間だけ

プラセンタが胎盤という意味がある言葉という事はご存知の方も多いかと思います。

胎盤とは、人間にも存在しているものであり、子宮内で胎児を育てるためには欠かせない場所です。

羊水の中でへその緒を通し胎児を育てるために存在していると言われています。この胎盤は、生物のカラダを作り、成長させるのに欠かせる事ができないものです。

この胎盤ですが出産後に人間だけが本能で胎盤を食べる事をしない生き物と言われています。

人間以外の動物は、殆どの生き物が出産後に自分の胎盤を食べてしまうのです。動物が胎盤を食べてしまう理由として、出産後の疲労回復のために栄養素が豊富に含まれている胎盤を食べ栄養を補助する事が理由とされています。

この事からもわかるように胎盤には”疲労回復のための栄養が豊富に含まれている”事がわかります。

そしてこの栄養には、美肌効果やアンチエイジングの効果等、女性には嬉しい成分が多く含まれています。

その事から出産直後ではなくとも、人間も”プラセンタ”として胎盤を食べるようになりました。

そして胎盤を食べる事、プラセンタを摂る事は毎日続ける事に意味があります。

と、いうのも出産後にその場で胎盤を食べたとして栄養素により肌の潤いや健康が永遠に持続するわけではありません。あくまでも一時的に回復するだけになってしまいます。

これを避けるためにも日々のケアとして胎盤であるプラセンタを毎日摂るように心がけましょう。

毎日継続する事により健康や美肌が持続します。そして持続する事が続けば今劣ってしまっている肌の水分等も蘇り、いずれは若返る事にも繋がります。これがアンチエイジングです。

また余談になりますが近年、病院で出産を終えたお母さんの中でも希望者限定で出産後の自分の胎盤を食べさせてくれる病院があるといいます。味は、レバーに似ているとの事です。

美しさのためにももちろんですが体内より健康なカラダを作るためにも是非続けて頂きたいです。

私が使っているおすすめプラセンタ 詳細レビューはバナーをクリック エイジングリペア

コメントを残す

サブコンテンツ