動物プラセンタ 豚・馬・羊の成分・効果の違いは?

美容で近年多く使用されているプラセンタ。

このプラセンタが『胎盤』である事はご存知の方も多いかと思います。

このプラセンタの中でも近年よく目にするのが【動物プラセンタ】です。

サプリメントやドリンク等の美容アイテムの成分一覧を見ていただくと『豚プラセンタ』や『馬プラセンタ』等、動物名+プラセンタで表記されている事が多いです。

この様な動物より作られているプラセンタの事を”動物プラセンタ”といいます。

また動物プラセンタは、主に馬・豚・羊から作られている物が多いです。

今回は、この馬・豚・羊から作られるプラセンタの違いについてご説明致します。

 

豚プラセンタ

動物プラセンタの中でも1番商品化や使用されている事が多くメジャーなプラセンタです。

豚は人間の臓器移植手術等にも使用されている事例があるため、人間のカラダとの相性は良いとされています。また有効なプラセンタ成分も多く含まれています。

 

馬プラセンタ

他の動物プラセンタと比較した時に栄養素が高く、アミノ酸含有量も数百倍も入っている事から近年注目度の高いプラセンタとされています。

また豚プラセンタ等を始めとする、他の動物プラセンタには含まれていない必須アミノ酸が6種類も含まれています。

 

羊プラセンタ

羊の胎盤は、人間に近いと言われているため免疫反応が起こりにくく、相性がかなり良いとされています。

また羊プラセンタは人間の細胞とも馴染みやすいため、カラダに浸透しやすく効果も見られやすいプラセンタとされています。

アレルギーを持っている場合や体やお肌があまり強くない方には1番オススメ出来る動物プラセンタの種類になっています。

以上のような違いがあります。

この他にも効果や副作用等の細やかなものが動物プラセンタ内でも変わってきたりします。

自分にあった動物プラセンタを見つけて使用する事は、効果をすぐに表す事が可能になる事にも繋がります。

是非自分に良いプラセンタを探してみてください。

私が使っているおすすめプラセンタ 詳細レビューはバナーをクリック エイジングリペア

コメントを残す

サブコンテンツ