プラセンタの種類はどんなものがあるか?

プラセンタには多数の種類が存在しています。主な種類は【動物性プラセンタ】と【植物性プラセンタ】の2種類となっています。

 

効果的なものは動物性プラセンタ

この中でも【動物性プラセンタ】は、多くのサプリメントやドリンクなどのプラセンタ配合のアイテムに使用されています。

動物性プラセンタは『馬プラセンタ、豚プラセンタ、羊プラセンタ』が主に使用されています。

人間に近い哺乳類から摂取する事ができるプラセンタのため、アレルギー反応が出にくく人間の体に馴染みやすい事から非常に良く使用されています。

また馬プラセンタ、豚プラセンタ、羊プラセンタにはそれぞれ特徴があります。

馬プラセンタは国産サラブレットを使用し安全性が高く、豚プラセンタの300倍のアミノ酸が含まれているとされています。

馬プラセンタは主にサプリメントなどの成分として使用されています。羊プラセンタは主にスイス産となっています。そして動物プラセンタの中でも1番人間に近いアミノ酸が摂取できる事から浸透力や馴染みが良いとされています。日本ではあまり羊プラセンタは見かけることが少ないと言われています。

豚プラセンタはSPF豚という基準を守る事ができた特定の豚のみを使用して作られています。他の動物よりも生産量が多いため価格は安く手軽に使用しやすいものとなっています。

 

ヒトプラセンタとは?

また動物性プラセンタにはこの他にも『ヒトプラセンタ』というものがあります。

出産を行った際に「自分の胎盤を食べたい」と希望した場合受けてくれる病院があります。これは完全に医療機関限定のものとなっています。

またもう一つの主成分である【植物性プラセンタ】ですが、このプラセンタは化粧品などのアイテムに使用されている事が多いとされています。

胎盤ではなく植物の胎座を使用したもののため、効果は動物プラセンタと比較したら低いですが人間の肌に馴染みやすく、アレルギーが起こりにくいとされています。

そのため肌が弱い場合でも使用ができる事から近年人気が高くなったとされています。

このように様々なプラセンタが存在しています。プラセンタを使用する場合は、自分が使用しようと考えているプラセンタにどのような特徴があるのかを確認し、その後に使用をするようにしましょう。

私が使っているおすすめプラセンタ 詳細レビューはバナーをクリック エイジングリペア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ