プラセンタには副作用があるのか?

「プラセンタは胎盤だから危ないのでは?伝染病やウィルス性の感染病、細菌などが存在している危険性があるのでは?」と考えた事がある方は多いかと思います。

確かに”プラセンタ=胎盤”と考えてしまうと生物の体内に存在していた臓器だからこそ不安な気持ちが生まれてしまう事は仕方がないかと思います。

しかし商品や医療器具として販売されているプラセンタを配合したアイテムは非常に安全性が高いものとなっています。

 

プラセンタを用いた医薬品は厚生労働省の認可済

プラセンタを使用した医薬品は全て厚生労働省の認可を受けたものとなっています。そのため細かいチェックやテストを何度も重ねているため安全性は非常に高いものとなっています。

またサプリメントやドリンクなどの市販されているプラセンタ配合のアイテムの場合も動物から胎盤を取り、その後に工場にて加工するまでの間に多数の厳しい審査を通り、そして商品が作られています。

そのため上記のような伝染病、伝染病やウィルス性の感染病、細菌などが存在している確率は非常に低いとされています。

 

美容クリニックのプラセンタはより安全

また美容クリニックなどの医療機関で施術を受ける事ができるプラセンタ注射は大きな副作用がない安全な治療法、医療品とされています。

そのため幅広い種類の病気の治療のために用いられているのです。この事からもわかる通り、プラセンタの安全性は非常に高いものとなっています。

また美容や美肌などを目的としたプラセンタ注射も厚生労働省に認可されています。

バクテリアやB型肺炎などのウィルス、エイズウイルスなどの感染病に対する原体検査も行われております。

そのため大きな病に対しての安全性は非常に高いものとなっています。

 

プラセンタ注射の痒みや赤みはプラセンタが原因ではない

また極希ではありますがプラセンタ注射の場合はかゆみや赤みを生じてしまう場合があります。

この場合は、注射のハリなどが原因となる副作用の可能性があります。プラセンタが原因で副作用が生まれる事は殆どありません。

プラセンタ注射を受ける事がある場合は、施術を受ける前に事前に自信が持っているアレルギーなどを医師に必ず伝えましょう。

その後に安全性と安心面を確認できたうえで施術を受ける事をおすすめ致します。

またプラセンタ配合のサプリメントやドリンクなどのアイテムの場合は副作用はないとされています。

安心して使用できるものと認識し使用してみましょう。

私が使っているおすすめプラセンタ 詳細レビューはバナーをクリック エイジングリペア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ