医療目的のプラセンタ注射は医療費控除適用でほぼ無料

アンチエイジングなどの効果もあり美容目的のために使用される事が多いプラセンタ注射。

多くの美容クリニックなどで手軽に施術を受ける事ができ、健康のためにもプラセンタは非常に良いとされているため人気を集めています。

実は、このプラセンタ注射ですが医療費控除の対象になる事があります。

 

医療費控除とは?

まず医療費控除とは”1月1日から12月31日までの1年間”に支払った医療費に対して税金の還付や軽減を受ける事ができる制度の事です。

この医療費控除は、確定申告をする事で受けう事ができます。

またこの場合は、医療費控除を希望する本人が住所地の税務署に申告する事により所得税を還付してもらえます。

また医療費控除が降りた場合は、通院の際に使用した公共交通機関の費用も控除の対象となります。

そのためにプラセンタ注射を受けに行った、

  • 日にち
  • 出発地と目的地
  • 払った金額

をメモにとっておくようにしましょう。

 

医療費控除適用の場合はほぼ無料

このように医療費控除を受ける事ができた場合、自己負担となる金額は殆どありません。

しかしこのプラセンタ注射の医療費控除ですが、全ての人が対象となり受ける事ができるわけではありません。

肝臓などの機能障害、酷い更年期障害、アトピー性の皮膚炎、不妊治療などの”病気の治療”を目的として使用している方が対象となります。

そのためアンチエイジングや美肌のため、バストアップやダイエット、病はないが健康のための目的としてのプラセンタ注射の施術は基本的に医療費控除の対象外となってしまいます。

 

美容・健康目的ならサプリメントやドリンクの方が効率的!

プラセンタ注射は、施術を受ける美容クリニックにもよりますが1度の施術費用が高額なクリニックも多数存在しています。

そのため気軽に施術を受ける事が難しくなかなか不定期になってしまいがちです。

プラセンタは毎日体に取り入れる事に意味のある成分となっています。

そのためにもプラセンタは、サプリメントやドリンクなどのアイテムとして毎日欠かさずに体に取り入れる事をおすすめ致します。

美容面や健康面を目的として使用する場合であれば、サプリメントやドリンクなどを毎日使用する方が効果的とも言われています。

以下のページでプラセンタ サプリのおすすめを紹介していますので、併せてご覧頂けますと幸いです。

プラセンタサプリの効果

病気の治療改善でない場合は、プラセンタはサプリメントやドリンクなどで摂取するようにしましょう。

私が使っているおすすめプラセンタ 詳細レビューはバナーをクリック エイジングリペア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ