プラセンタの副作用 アレルギー症状

プラセンタを摂取したいがアレルギー反応が気になるという方は多いかと思います。

どんなものであっても、人間には個人により異なった体質がありますので必ずしもアレルギー反応が出ないとは言えません。

それを避けるためにも事前にアレルギーに対しての知識を得ておくことは自分のカラダと向き合うためにも大切な事です。

主にプラセンタを摂取する事により起きてしまうアレルギーは、「異常蛋白アレルギー」があります。

これは非常に稀ではありますが起きてしまう方もいるそうです。

症状としては、プラセンタ注射やサプリメント、ドリンク等でプラセンタをカラダに注入後、かゆみや赤みをはじめとする発疹等が起きてしまうといいます。この様な症状が出てしまった場合は、必ずプラセンタの使用を辞めて、医師に相談しましょう。

またアレルギー体質でもこの「異常蛋白アレルギー」があるかわからない場合。医師に相談しても曖昧な反応をされてしまう事があります。

その場合でもプラセンタを使用してみたいと思いましたら、まずはプラセンタの記載されている適量以下の量を摂取してみましょう。

この場合に少量でも反応が出てしまった時は使用を中止する等の判断をとりましょう。イメージとしては、化粧水や乳液等のテイスティングと同じ方法で試してみてください。

またアレルギー反応は無いがプラセンタを飲んだ後は、カラダにかゆみが現れてしまい冷たい水を飲む事でかゆみが止まる等の人もいます。

この場合は、ビタミンが原因で起きてしまいます。これを避けるためにも各種のビタミンで自分がアレルギー反応が出てしまわないか等のテイスティングも事前に行っておきましょう。

その他にも動物性プラセンタ(豚・馬・羊)、海洋性プラセンタ(主に鮭などの魚類)、植物性プラセンタと言ったプラセンタにも種類が存在しています。

この種類に自分はアレルギーが無いか等の確認も事前にとっておく事をおすすめ致します。

私が使っているおすすめプラセンタ 詳細レビューはバナーをクリック エイジングリペア

コメントを残す

サブコンテンツ