プラセンタサプリメントの作り方

工場や企業等によってプラセンタを使用したサプリメントの作り方は変わってきますが一般的なプラセンタを使用したサプリメントの作り方を今回はご紹介致します。

胎盤をとります。この胎盤を取り上げる作業も企業や酪農によって変わってきますが地面に落ちないように工夫をしているところや菌が付かない取り上げ方を工夫されている場所が多いそうです。

そして胎盤を取り上げたら直ぐに出てきたら冷凍保存をします。

国内生産の場合も輸入の場合も冷凍をした形で輸送します。そして冷凍保存された胎盤を解凍し、洗浄します。

洗浄の際は、殺菌処分をしながら丁寧に行います。この時に鮮度の悪い部分を取り除く作業や綺麗に選別する作業を行います。

馬の胎盤は、工場で加工時に厳しいチェックが入るので鮮度の落ちてしまった部分は取り除き新鮮な部分のみを使用するので約3割が破棄されてしまいます。

 

豚の胎盤も同様、約5割は破棄してしまう現状です。

この破棄は、数字的に見るとかなり勿体無い気持ちになりますがこの部分を使用してしまう事でさらなるトラブルを生んでしまうリスクを考えてしまうと仕方がないかと思えました。

また不用の部位が残ってしまったり、取り除かれていないとプラセンタの有効成分の濃度は低くなり高品質と言えなくなってしまいます。高品質がポイントとなるプラセンタだからこその仕方がない事なのかと思います。

その後、点検作業やチェックが済んだら次は酸素分解にわけられます。

この酸素分解がプラセンタには命と言ってもいいでしょう。この酵素分解という加工分解をしないとプラセンタは、ただのタンパク質となってしまいます。この際に胎盤よりプラセンタエキスを摂取します。

そしてその後、特殊フィルター等を使用してプラセンタを抽出させます。抽出されたプラセンタより成分加工等を加え、プラセンタサプリメントが生まれるのです。

このようにプラセンタサプリメントは、他の美容サプリメントと比較しても手間が非常に掛かるものである事がわかります。

この手間があるからこその高品質である事もわかります。安全性や安心もプラセンタサプリメント以上にある物はないと言っても過言ではないかと思います。

私が使っているおすすめプラセンタ 詳細レビューはバナーをクリック エイジングリペア

コメントを残す

サブコンテンツ