プラセンタの摂取で生理時の胸の痛みが出る?

プラセンタを使用する事により胸が生理中や生理前、そして妊娠中のように張ってしまいズキズキと痛みを出してしまう事がある方がいます。

プラセンタを使用する事によりこのような痛みが生まれてしまう方は、極めて稀と言われていますが実際に存在しています。

この痛みは、プラセンタの副作用と思われがちですが実際には副作用ではありません。

 

プラセンタにより女性ホルモンの分泌量が増加することが原因

プラセンタを摂取した後やプラセンタを使用した時に生まれてしまうこの痛みの原因は、ホルモンの分泌を調整する作用のものです。

主に女性の胸の痛みや張りは、生理前などに起こるPMS(月経前症候群)の症状が原因とされています。

この症状は、女性であれば一度は体験した事があるかと思います。

生理前になると2つの女性ホルモンのうちの黄体ホルモンと呼ばれる方の女性ホルモンの分泌量が増加します。

この黄体ホルモンを受け止める事ができる受容体が乳房の中の乳腺には存在していますが、これが刺激される事により胸が必要以上に張ってしまったり、乳首などの部位に痛みを走らせてしまうといった症状を出してしまうのです

排卵前の女性ホルモンの卵胞ホルモンの分泌が増える時期にも胸が痛み、張ってしまうという方もこの乳腺卵胞ホルモンを受ける受容体が刺激されてしまっている事が原因とされています。

 

プラセンタの効果が強すぎる場合は摂取量を減らす

プラセンタを使用した後に胸が痛み、張ってしまう場合は、プラセンタがホルモンバランスを調整し分泌する作用が原因で受容体を刺激しすぎている可能性があります。

女性ホルモンの分泌量が元々少ない方や女性ホルモンがプラセンタ使用前と比較してあまりにも過不足していた場合などは、このようなプラセンタが原因で痛みを生んでしまう場合があります。

プラセンタを使用して感じてしまう、胸の痛みや張りは体に害はありませんが、あまりにも気になる、もしくは痛みや張りが酷い場合はできる限りプラセンタの摂取量を減らすようにしましょう。

サプリメントであれば回数や一度に飲む量を減らす、もしくはサプリメントを半分に砕くなどの工夫をして摂取するようにしましょう。

このような対策をした後でも痛みや張りが酷かった場合は、プラセンタの使用を一度停止して必ず産婦人科などの病院に行くようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れが原因で大きな病が生まれてしまっている可能性があります。

このプラセンタによる痛みや張りは、あまり感じる事がないものとされています。

しかし、もしプラセンタを使用する事によりこのような痛みや張りが生まれてしまった場合は必ず対策を取りながら使用するようにしましょう。

私が使っているおすすめプラセンタ 詳細レビューはバナーをクリック エイジングリペア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ