プラセンタで便秘解消!ストレス性の症状にも効果的

プラセンタは腸の働きを活発にしてくれる効果があるため、便秘の改善効果も期待できます。

意外と知られていないその効果についてこの記事ではご紹介します。

 

プラセンタで便秘症が治る理由とその効果

プラセンタは腸の活動を活発にしてくれる作用がありお通じをよくなります。

プラセンタは体の成長を促進するものであるため身体の機能が活発になり、その結果便秘を解消しれくれます。

 

重度の便秘症の方の場合、腸の働きが弱くなっている事や腹筋がない事から便を自力で出す事が難しくなると言われています。

しかし、プラセンタを毎日飲み続ける事で腸の動きは驚く程に変わり、以前とは違う自分の腸の動きを体感する事ができます。

また、自律神経が乱れてしまっている場合、便意をもよおす排便反射機能が鈍くなってしまいストレス性の便秘になってしまう事があります。

このタイプの便秘になってしまった場合、どんなに便秘に良い食材を体に取り入れても便秘の大敵である冷えを防止しても、便秘は改善されず常に悩まされる事があります。

しかし、プラセンタであれば自律神経の乱れを改善する作用もあるため、自律神経を整え排便反射機能も正常に戻し、整える事ができるとされています。

 

ストレス性の便秘にも強い!ただし、少し時間はかかります

プラセンタはストレス解消作用もあるため、ストレス性の便秘も治す事ができるとされています。

しかし、ストレスは他の症状と比べて精神的な状態も作用するため、やや改善には時間がかかります。

例えば、大変な仕事でストレスを抱えている場合は、プラセンタを多少摂取してもすぐには効果がでません。

そのストレスの原因を緩和する必要がありますので、その対処を平行して行っていく必要があります。

そのため、排便反射機能を正常に戻すのには少々時間が掛かる事がありますが、プラセンタを毎日摂取するよう心がけていれば回復の兆候は早く見られるでしょう。

 

プラセンタの摂りすぎで下痢になる?

以上の事からもわかる通り、プラセンタを使用した事により「便秘になる」事は一切ありません。それよりも便秘は改善され、正常に戻す事も可能とされています。

しかしプラセンタを使用する事により極まれにではありますが”下痢”をしてしまう方もいるとされています。

元々の体質的に消化器官が活発である方や下痢をしやすい体質の方などは、極まれにプラセンタを使用する事によりお腹が緩くなってしまい、プラセンタを使用した後に下痢をしてしまうという事もあります。

もし、プラセンタを使用した事により下痢などの症状を起こしてしまった場合は、一度に飲むプラセンタの量を少なめに調整する事をおすすめ致します。

サプリメントの場合は、飲む個数を減らす、もしくは半分に砕いて飲むなどの工夫をするようにしましょう。

ドリンクの場合もサプリメント同様、一度に摂取する量は半分までなど飲む量を自分で調整するようにしましょう。

この様にプラセンタを摂取する量を調整する事で下痢は回避できます。下痢を抑えるためにも必ず量を調整するようにしましょう。

私が使っているおすすめプラセンタ 詳細レビューはバナーをクリック エイジングリペア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ