プラセンタ選びは原産地と飼育方法が重要

プラセンタを選ぶ際に特に気をつけて頂きたい事があります。

それは、プラセンタの原材料である原産地と飼育方法です。

飼育方法は、のびのびと飼育されている動物にはストレスが無く良質なプラセンタを摂取できますが、飼育小屋に閉じ込められ育った動物の場合ストレスも大きく決して良質なプラセンタとは言えないプラセンタが摘出されてしまいます。

馬プラセンタの場合も”サラブレッド”という名称や血統が大切ではありますが一頭一頭のきちんとした管理がされていない馬の場合は、やはり良質なプラセンタが採れるとは限られません。

飼育方法もきちんと確認したうえでのプラセンタを選ぶことをおすすめ致します。

しかし、プラセンタを選ぶ際に細く飼育方法まで説明をして売っているアイテムは限られてしまいます。

その際に確認して頂きたいのが『SPF豚』という種類の豚プラセンタです。

このSPF豚という種類の豚は、飼育環境にも厳しく殺菌された環境で農薬や投薬を一切せずにストレス無く育てた、本当に良質と呼べる豚にのみ付けられた称号なのです。

ですのでもし豚プラセンタを使用するアイテムを購入する際に悩んでしまった場合は、この『SPF豚』の文字があるかを確認してからの購入をおすすめ致します。

また国産のプラセンタだからと思い安心して良いとも限りません。

最近では被爆してしまった可能性のある豚等が非常に低価格で市場に出ています。被爆してしまった豚から摂取ができるプラセンタは、やはりお肌にはもちろんカラダにも返って悪影響となってしまいます。

ですので必ずしも国産が安心という意識を持たずに先ずは『原産地と飼育方法』をチェックするようにしましょう。

実際にカラダの中に取り入れるプラセンタという成分です。使用目的は主に美容面の改善や健康のためかと思います。その目的を果たすためにも必ず少々手間にはなってしまいますが問い合わせ等できちんと確認をしてからの購入を行いましょう。

私が使っているおすすめプラセンタ 詳細レビューはバナーをクリック エイジングリペア

コメントを残す

サブコンテンツ