チャーリー・チャップリンはプラセンタを利用していた?

誰もが知っている三大喜劇王の一人であるチャールズ・チャップリン。

彼は映画プロデューサー、コメディアン、脚本家、映画俳優など幅広い面で活躍をしたイギリスのスーパースターです。

そんなチャールズ・チャップリンが実はプラセンタを愛用していたのは有名な話です。

 

チャップリンとプラセンタ

チャップリンがプラセンタを使用していた理由は大きく公開されていません。

映画俳優などの大きなスクリーンに顔を映し出される職業を行っていた方であれば、

「自分をより美しく良くみせるためにも肌などに気を使っていたからではないか」

と言われています。

 

また、チャップリンは、常に若々しく年齢を感じさせない明るいキャラクターがポイントだったため、いつまでも若さを保つためにプラセンタを愛用していたのではないかと言われています。

チャップリンは、70歳を超えてから子宝に恵まれるなど普通の人間では考えられない生活を送っていたことも記録されています。

子作りという若さが重用しされる行動を70歳の高年齢で行えたのはプラセンタがあったからこそではないかともいわれています。

 

プラセンタには性欲抑制効果や性欲抑制効果などもあり、高品質のアミノ酸が大量に含まれており、子作りをするのに非常に適した成分といえるでしょう。

通常70歳を超える年齢を迎えた男性の場合、精子の年齢も高齢化しているため受精しにくい子作りに不向きな精子が体の中で作られてしまいます。

そのため普通の考えでは70歳を超える高齢での妊娠を試みる行為は宝くじを当てるような難しさがある行為ともいわれています。

しかしチャップリンは常にプラセンタを愛用していたからこそ、体の中の繁殖期も若い頃同様に働きを行い、子宝に恵まれることができたのではないかといわれています。

 

プラセンタは不妊治療を行っている女性や妊娠をスムーズにしたいと考える女性にも非常に人気が高く現代でもそのような女性がプラセンタを使用する機会が多いといわれています。

男性であるチャップリンがプラセンタの使用を行い、奥さんの子供を授かることができたのです。

女性にも良いことに違いありません。

悩みを抱えている方はもちろん、そのパートナーも一緒にプラセンタを使用してみてはいかがでしょうか。

 

またプラセンタは健康を保つことにも適しているため、チャップリンのように歴史の深い人物でなくても使用目的などは異なりますが多数の有名人も正解中で愛用しているといいます。

流行に敏感なマドンナはもちろんオードリー・ヘップバーン、ダイアナ元英国王妃、マリリン・モンローなどの歴史ある人物はもちろん日本のセレブの代表である叶姉妹、森光子、川島なお美、梨花、菅野美穂、神田うのなどいつまでも年齢を感じさせない若くスタイルも良い芸能人達ばかりが愛用しています。

歴史の深いアイテムだからこそいつまで何年経っても一般人から強い人気を持つ、芸能人やタレントなどがプラセンタを愛用していることがわかることでしょう。

 

またチャップリンなどの歴史の古い人物達は馬プレセンタや羊プラセンタなどの動物性プラセンタを愛用していたことがわかっています。

動物由来のプラセンタは体にも非常に良いことが明らかになっており、プラセンタの中では人間由来のもののの次に優れた効果を発揮することができるものとして人気が高いプラセンタの種類となっています。

現在市販されている多くのプラセンタサプリメントやプラセンタドリンクなどもこれらの動物性由来のものが主流となって売られています。

 

そのため古くから親しまれていた動物性由来プラセンタを現代でも愛用することが気軽に可能となったのです。

また現代は昔とは違い医療技術などが進歩しているため、昔よりも衛生面や安全性が高いプラセンタを市販化し商品として提供されています。

実際に昔の人々が愛用していたプラセンタよりも飲みやすく、気軽に愛用できるようになったのも現代の技術が進歩したからといえることに違いないでしょう。

プラセンタがこのように進化を遂げて使用しやすくなったのも、一般人が気軽にプラセンタを使用することができるようになったのもとても良いことです。

だからこそプラセンタを使用してみることはいいことでしょう。

 

これほどまでに歴史が深く、健康、美容面での効果も絶大な支持があるものはプラセンタくらいしかないといっても良いものです。

まるで銀幕のスターになったような気分で味わうことができる高級でもチープに手に入れることができるプラセンタ。

日頃の生活に華やかさを加えるためにも愛用してみることは良いでしょう。

私が使っているおすすめプラセンタ 詳細レビューはバナーをクリック エイジングリペア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ