プラセンタは使用すると献血できない?

タレントの中川翔子さんが自身のブログにて「プラセンタ注射を受けてきたよ!」と書いていたのにも関わらず、数日後に日本赤十字社の献血啓蒙のキャンペーンの一環とし、自分自身も献血を受けたことでネットを中心に多くの人達より批判されたことが話題となりました。

最終的には中川翔子さんが施術を受けたプラセンタ注射は担当医に確認をしたところ「にんにく注射」を実施には使用していたとのことで、再度東京との赤十字血液センターに対象医療機関の記録を提出し、安全性の高いものであったため今回の問題は解決に至りました。

実際に日本赤十字社のホームページなどを閲覧するとわかる通り、プラセンタ注射を服用している方は献血を断られてしまいます。

特に半年以内もしくは1年以内にプラセンタ注射を服用した経験がある場合は、断固として献血を行うことはできません。

また日本赤十字社ではプラセンタを市販されているサプリメントやドリンクなどで服用している方や経験がある方も献血を断ることがあるといいます。

 

プラセンタは副作用が少なく、体へのリスクも少ない成分として人気を集めているものですが、なぜ献血の際は、プラセンタを服用していると断られてしまうのでしょうか。

これは実はプラセンタ以外にビタミン剤、薬、サプリメントなどを服用している方の場合でも献血を断られてしまうことと同じように、本来の献血で求められている血液とプラセンタなどの成分を外部から服用して吸収している方の血液では違いがあるためといえるでしょう。

 

献血で求められている血液は、健康な血液です。

健康な血液は、薬をはじめとするサプリメントなどを一切服用せずに食材や栄養のみで構成されています。

そのため現在健康であり、健康維持を目的としてサプリメントや薬を服用している場合でも純粋な人間が自力で作り出す健康な血液とは違った、栄養価の高い血液として体の中で作られてしまうのです。

その結果、献血を必要としている人達にとっては、少々適合しにくい危険性のある血液となってしまいます。

また体力や免疫力が低下している病人やケガ人にとって、元の人間の体で構成される成分以外のものが加わっている血液は、非常に危険性が高いため、それを輸血するだけでも更に体調を悪化させて命を落としてしまう可能性があるのです。

プラセンタの場合、体内にプラセンタの栄養素が巡回するだけでも驚くほどに体の中は栄養価や体に良い成分が作られます。

このような血液が輸血を必要としている人の体内に入ってしまった場合、即死のリスクも多く考えられます。

ですので、プラセンタはもちろん他のサプリメントや薬などを服用している場合でも献血を断られてしまうこととなるのです。

献血を断られてしまうことは、決して成分が有害なものであることや感性症を引き起こすリスクがあるからではありませんので安心して利用していきましょう。

またヒト由来のプラセンタを医療技術が発達していなかった数年前に使用した結果ヤコブ病などの感染病が発症してしまうことがありました。

しかし現在ではそのような病はもちろんトラブルも起こった例は存在していません。

既にプラセンタの商品開発、医療薬開発は発売開始から40年以上も経過しており、他の医療品などと比較すると少々歴史は新しいものとなりますがきちんと厚生労働省でも1例も感染の問題トラブルが発症したことを発表していない立派なものです。研究は毎日のように重ねられているため進み続けていくものです。

さらに発病するリスクは押さえられることとなるでしょう。

また一般的に販売、使用されているプラセンタ成分配合のサプリメントやドリンクでのトラブルも現在はほぼ0に近い数でないといわれており、化粧水のような外部薬でなければ安全性の高さも保証されているものとしても人気の高いものとなっています。正確で確実なものは現代には医療機関に関係しているものでも殆どないと言えるでしょう。

このような場合、プラセンタは現時点でトラブルに対しての実例もないため、安全性が非常に高く良い成分とも解釈できます。

ですのでプラセンタを使用することに対して臆病になることは一切ないのです。

 

また献血をどうしても受けたいと考える場合は、プラセンタの服用をやめた1年以降もしくは数ヶ月以降に一度赤十字社に直接自分がどのくらいの期間プラセンタを服用していたのか、またプラセンタの服用をやめてどのくらいの期間が経過したかを伝えてみましょう。

これを伝えることで献血を行うことが可能となる場合があります。

直接赤十字社に問い合わせることが手間である場合は医師に相談しても良いでしょう。

私が使っているおすすめプラセンタ 詳細レビューはバナーをクリック エイジングリペア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ