医療プラセンタの秘密

今回は医療機関で使用されているプラセンタの秘密、以前実際に行ったプラセンタ注射のトラブルについて紹介していきたいと思います。

今回紹介するプラセンタ注射や医療機関で行われているプラセンタ療法は、市販ではもちろん気軽に誰もが行える方法ではありません。

そのため、プラセンタを今後実際に使用したいと考えている場合は、少し話がそれており参考にならない可能性があります。

しかし、プラセンタについての知識を貯えたうえで安全にプラセンタを使用するためには、これらの知識も必須なものとなります。

 

プラセンタ注射について

プラセンタ注射は治療薬として医療機関で使用されます。

酷い更年期障害や肝臓病などの治療の際に使用されるプラセンタ注射は、動物性のプラセンタではありません。

実は、使用されているプラセンタ(胎盤)の種類はなんと健康な人間から摂取したものが原材料となっているのです。

これは、美容クリニックなどの美容を目的とした治療の際に使用されるプラセンタ注射とは異なり、保険が適用する医療機関でのプラセンタ注射となります。

 

健康な人間から摂取したプラセンタといっても、簡単に人間の胎盤をそのまま使用して医療機関が患者に治療を施しているわけではありません。

厳重な殺菌消毒や処理、また胎盤を提出する人の健康管理や健康診断、感染病がないかの確認ももちろん行い、数々の大変な経緯を経て特定のアミノ酸配合液成分としてプラセンタ注射になるのです。

また、このプラセンタ注射は配合されている成分が、全て保健衛生上原材料および製品の材料に使用されたものが製剤説明書に表記されるものとなっています。

そのため、特定生物由来製品としてきちんと安全性の高い治療薬として定められます。

以上のことから、市販されている動物性プラセンタなどのプラセンタ配合商品よりも遥かに正確な治療薬とされています。

 

また近年は更年期障害、肝臓障害などの病気以外にも乳汁分泌不全、性同一性障害、思春期の発育不良などの治療にもプラセンタ注射は使用されているといいます。

これらの病の中には保険適用外のものも含まれていますが効果はかなり良いと評判が高く、病気に悩む方が多く受けていると報告されています。

プラセンタ注射を医療機関で受ける場合は、保険が効かない場合は医師の許可が必須となる他に値段は高額となります。

それでも、障害を少しでも和らげたいという思いから、施術を受ける方は年々増加しているといいます。

 

プラセンタ注射は以前は危険性が高く、ヤコブ病などが発病しやすいリスクがありました。

数年前に一度プラセンタ注射の過剰注入が原因となり、薬害が起きるという話が話題となりました。

この話が話題になったのには大きな理由があります。

それはプラセンタの主成分であるアミノ酸は、食材から大量に得ることができるため、わざわざ注射や薬として摂取する必要がないということです。

しかしこれらの意見に対して反対する医療団体も現れたため、話題はすぐに闇へと消えてしまいました。

 

「どちらが正しいのか?」

判断しかねる問題となり曖昧な方向に話が進んだまま終了となってしまったため、当時プラセンタ注射を使用して病気を治療していた方々は多いに悩んだことでしょう。

しかし、現在でも”プラセンタ=健康に良いもの、美容にも良いもの”という話が健在しています。

現在も主流の治療方法としてプラセンタ療法は行われているため、この話題については最終的にはプラセンタ注射は良い治療法になっているのではないか。

…ということに結論としては結ばれます。

 

美容や健康維持・予防目的でプラセンタを利用する場合は、基本的には市販のサプリメントやドリンクなどを利用します。

そのため、医療機関で施術を受けることができる治療薬のプラセンタ注射などについては一切考える必要はありません。

プラセンタ注射は最終手段として取っておくプラセンタ治療の方法の一つくらいの気持ちで考えるほうが良いです。

まずは、プラセンタ摂取を始める場合は、サプリメントやドリンクなどの気軽に手に入れることができるものからはじめていきましょう。

 

プラセンタは毎日摂取することで確実に健康な体や美しい肌を手に入れることが可能となります。

実際に使用されているプラセンタの原料は異なりますが、医療機関でもアミノ酸治療として胎盤を使用する治療用法(プラセンタ治療)は主流なものとなっています。

安心して使用しても良い成分であるため、気楽に深くは考えずに使用してみましょう。

私が使っているおすすめプラセンタ 詳細レビューはバナーをクリック エイジングリペア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ