天然プラセンタを捨てるのは人間だけ 動物が胎盤を食べる理由とは?

プラセンタは胎盤のことを指しますが、

「胎盤を食べるのは気持ち悪い」

「胎盤なんて赤ちゃんのお古で栄養が本当はなさそう」

など、胎盤を食べることに対して険悪感を抱かれる方も多いと思います。

 

確かに、胎盤を食べる文化は現代の日本ではほぼ浸透していないため、胎盤を食べた経験のある人の方が少ないことも事実です。

また胎盤は医療廃棄物となるため、食するには色々な条件が整う必要があります。

具体的には、

  • 病院側が胎盤を食べることを許可できる
  • 助産師さんなどに自宅まで足を運んでもらい出産時に出た胎盤を譲り受ける

など、手間がかなりかかってしまいます。

 

また食べ残した胎盤は医療廃棄物として有料のゴミにもなるため、タイミングを逃せばかなり面倒なものとなります。

 

面倒ですがプラセンタはメリットが多い

色々と手続きが面倒な胎盤の処置ですが、人間から出る胎盤はプラセンタの中でもトップクラスの品質を誇ります。

医療機関でも使用されており、食べるだけでも健康状態や美容面で驚く程に変化を実感することができるようになると言われています。

また、出産後の胎盤は通常の時間が経過してしまった胎盤よりも新鮮な栄養が豊富に含まれています。

胎盤には育児をする際に欠かすことができない母乳をスムーズに出すことができる成分や栄養なども含まれているため、早い段階で摂ることができれば、今後の育児が楽になります。

 

プラセンタである胎盤は、体の中に摂取することにより健康状態を回復させる効果が期待できます。

そのため胎盤を食べることで疲労が回復しやすくなり、産後の傷ついた体を早く回復させる効果があるのです。

このような効果から、人間以外の哺乳類は全て自分の出産後に出てくる胎盤を食べるといいます。

 

動物が胎盤を食べる理由

自然に身に付いた生き方や本能で生活をしている動物達は、胎盤であるプラセンタの効果や作用、得ることのメリットを人間よりも遥かに前から理解しています。

抵抗なく生まれ落ちた胎盤を食べていたのではないか、と研究が進むにつれていわれています。

また、これら以外の理由として、自然界に住む哺乳類である動物達が胎盤を食べる理由は、出産後に出血する血のにおいを消すためといわれています。

自然界では血のにおいを残すことは、外部からの攻撃を受けて命を落としてしまうことにも繋がっています。

そのようなことを避けて、母親が子供を守るためにも胎盤を食べるといわれています。

 

特に、草食動物のような、外的から身を守らなくてはいけない動物達は胎盤の栄養を重視しています。

栄養を得るために出産後に素早く胎盤を食べて体力を回復させようとすることもあるようで、本能的に胎盤を食べていることがわかります。

人間は、出産を終えたあとに誰かに狙われることもなければ、栄養を摂ることも今の時代であればすぐに簡単に行うことができるため、わざわざグロテスクな胎盤を食べる必要はありません。

しかし、産後の体調をすぐにでも回復させたい場合や、育児での授乳などをスムーズに行いたいと考える場合は、胎盤を食べてみることも良いでしょう。

 

サプリメントやドリンクの使用がベター

とはいえ、無理に胎盤を食べる必要もありません。

今の時代は、プラセンタサプリメントやプラセンタドリンクのような便利なプラセンタ配合のアイテムが数多く存在しています。

これらのプラセンタ配合アイテムを使用することで不自由のない体を最速で手に入れることができるようになります。

産後の期間、プラセンタサプリメントやプラセンタドリンクが赤ちゃんに授乳の際などに良くないのでは?

と考える方も多いでしょう。

基本的にはプラセンタは安全性の高いものとなっているため問題はありません、

ただ、不安を感じる場合や育児への影響や副作用などがあるかを知りたいと考える場合は、服用を考えているプラセンタサプリメントやプラセンタドリンクの成分などを医師に一度見せて相談をしてみましょう。

きちんと相談をすることでいつ頃からプラセンタの使用が可能になるかなどを教えてくれることでしょう。

健康な体をいち早く取り戻すためにも動物達と同様、人間にも胎盤を食べる習慣は必要なのかもしれません。

胎盤を食べることは、現代では難しいため同等の効果を得ることができるプラセンタアイテムを使用してみることが良いでしょう。

私が使っているおすすめプラセンタ 詳細レビューはバナーをクリック エイジングリペア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ