プラセンタは気持ちが悪い?

プラセンタの原料は胎盤ということもあり

「得体の知らない動物やヒトの胎盤なので不衛生に感じられる」

「プラセンタは殺人」

などプラセンタに対してマイナスで悪いイメージを持ち、使用することに抵抗を持っているという方も少なくはないといいます。

また一部のネットに書かれているプラセンタの不衛生やプラセンタの汚いイメージを煽る記事などを読み、プラセンタに対して悪いイメージを持ってしまった経験はプラセンタに関していろいろと調べた経験がある方は一度は経験したことがあるかと思います。

このようにマイナスなイメージがプラセンタに対して積み重なってしまった結果、プラセンタに対して興味があった場合でも使用することに対して抵抗が生まれてしまい、結果的には使用せずに終わってしまうということもあるでしょう。

そこで今回は本当にプラセンタが安全性の高いもののなか、またプラセンタは実際に気持ちが悪いものではなく、きちんとしたものなのかということについて紹介をしていきたいと思います。

 

まずプラセンタに対しての意識を整えて頂きたいことがあります。

プラセンタは商業品や美容目的などに限らず医療機関やプラセンタの専門家などの見解もあり、研究も長年に渡り行われていることから決して危険性が高く不衛生で悪いものではありません。

そのためプラセンタが原因となり、大きな事故や問題が起きた経歴などは一切ないのです。

また一般的に市販されているプラセンタの商品に関しては、アレルギー反応なども殆ど出る心配がなくまた医学的根拠のある成分であるため、使用を続けていくことで危険性の高い病気などに巻き込まれる可能性は殆ど0に近いといえるでしょう。

そのため知識の一つの記事を鵜呑みにして、プラセンタイコール安全性の低い危険性の高いものと思ってしまうことは非常にもったいないこととなるのです。

 

またプラセンタの中でもヒト由来のプラセンタは人間が出産後に落とす胎盤をそのまま病院側が無断で使用していると考えている方も非常に多くいらっしゃいますがそのようなことは一切ありません。

そもそも胎盤のようなものは、医療廃棄物となるため、無断で使用した場合や捨ててしまった場合は、犯罪となります。

そのため胎盤を使用する場合や胎盤をプラセンタとして提供する場合は病院側もしくは医師より合意の相談を受けるものとなっています。

従って、ヒト由来のプラセンタは無断で使用されている訳ではないことを覚えておきましょう。

 

ヒト由来のプラセンタは基本的には、医療機関やクリニックなどで使用されるプラセンタ注射などの原材料として人間の排出した胎盤が使用されます。

そのためヒト由来のプラセンタとして扱われる胎盤は、出産後綺麗に医師に取り扱われたうえでプラセンタ注射などのプラセンタ製品として改良、開発される仕組みとなっています。

出産後に取り上げられた胎盤をそのまま医師の手でミキサーなどにかけてプラセンタ原液などにしているのではありませんのでご安心ください。

また日本以外の国、主に欧米や北米などでは、出産後は胎盤を取り上げて自らの手で調理をすることもあるといわれています。

一番主流なのが鍋に入れて煮込む、もしくは炊き込む調理方法や炒めるなどの調理方法が多いそうです。

 

調理後の胎盤は、プラセンタとしてではなく”胎盤として”出産後の疲労感が溢れている母子の体に栄養を補う意味で食べるといいます。

自分の出産した胎盤を自分で食べるというとイメージ的には、とても不衛生で恐ろしいものと思われがちです。

しかし自分の体に含まれていたものだからこそ、自分の体との相性は良く、アレルギー反応や拒絶反応が起きる確率が低いものともなっています。

ですので様々なサプリメントや栄養点滴材よりも一番効率良く、健康に使用することができる天然素材の栄養補助食品でもあるのです。

このように考えてみるとプラセンタに対してはもちろん胎盤に対してもマイナスなイメージが減少するかと思います。

「人間の体に合うのは同じ人間の胎盤が一番だ」と、言われている時代だからこそ、やはり自分の体から排出される胎盤は相性が良いものなのでしょう。

この胎盤ですが実際に自分の胎盤を出産後に食べることができる病院も増えています。

これから先、出産を控えている女性の方の中でプラセンタや胎盤を食べることに興味がある場合は、医師に出産後の胎盤を食べることについて事前に相談をしてみましょう。

 

またヒト由来以外のプラセンタ製品に含まれているプラセンタの原材料である胎盤は、基本的には動物性のものが多く、中でもブタ、馬、羊の胎盤がよく使用されています。

医療機関などではなく、市販されているプラセンタ製品は、これらの動物の胎盤が原材料となり売られていることが多くなっています。

またこれらの動物は非常に厳重な検査を受け、その後に胎盤摘出、加工、検査など多くの厳しい基準を乗り越えたうえで生産されています。

そのため安全性の高さは、他のサプリメントなどと比較すると比べられない程に高く、効果も良いとされています。

「動物の胎盤」と聞くと少々聞こえが悪いことから悪いイメージに思われがちで抵抗が生まれやすいものとなってしまいます。

しかし実際に使用する際にはカプセルやドリンクなどの加工食品となっているため、匂いや胎盤のような見た目、肌触りなどを感じることもなく使用することが可能となっています。

そのため意外と手軽に使用することが可能なものとなっているため、あまり無理に抵抗して使用する必要もないといえるでしょう。

以上のようにプラセンタ製品は非常に安全性が高く、また使用する場合や口に入れた場合でも胎盤であることを感じることは一切ないため、「気持ち悪い」「汚い」などといったマイナスなイメージを直接受けることは殆どないものとなっています。

私が使っているおすすめプラセンタ 詳細レビューはバナーをクリック エイジングリペア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ