胎盤の役割

プラセンタの元となる胎盤ですが、この胎盤は一体どのような場所なのでしょうか。

まず胎盤は、受精後にホルモンが分泌つされ絨毛ができ子宮の一部が厚くなり、さらに厚くなった一部にクボみができ、その部分が山のような形になった箇所の事を指します。

人間の場合は妊娠14周目~16周目頃に完成されるとされています。

この胎盤は、自ら呼吸をする事は不可能とされているため母体を通して酸素を受け取り、二酸化炭素を渡して胎児の肺の役割をすると言われています。

また母体から入った栄養などもこの胎盤が交換を行ってくれるとされています。

そして胎盤は、雑菌や最近から胎児を守るための役割も果たしてくれるとされています。

しかしアルコールやニコチン、薬などの化学物質は簡単に胎盤をする抜けて胎児に行ってしまいます。

この時に胎児に行ってしまう事で悪影響を及ぼしてしまう可能性が浮上します。絶対に妊娠の際は、このような事は避けましょう。

これ以外にも免疫を作る機能も胎盤には存在しています。しかしこの機能は妊娠42周目くらいで少しずつ機能が衰えるとされています。

このように胎盤は、胎児を育てる場所として凄い働きをしてくれる箇所となっています。

この凄い箇所から得る事が出来る栄養素は、本当に偉大です。この胎盤は、動物や海洋物、植物であっても人間同等に凄い栄養素をたくさん蓄えているとされています。

このような胎盤からできたプラセンタは、多くの美や健康に関する効果を得る事ができるとされています。

また動物から作られる胎盤は、出産後にすぐに胎盤のみ取り上げられ冷凍保存、そして必要とされる部位のみを切り取り使用するためかなり新鮮度も高くなっています。

その新鮮度の高い胎盤からプラセンタは作られるとされているので豊富な栄養素が良い状態で含まれているとされています。

このように胎盤から作られているプラセンタは、豊富な栄養素があるため健康や美容のために欠かせないものとされています。

私が使っているおすすめプラセンタ 詳細レビューはバナーをクリック エイジングリペア

コメントを残す

サブコンテンツ