プラセンタの過剰摂取

プラセンタは、摂取する事で肌を若く美しくする事ができ、更には健康面にも非常に良い働きをしてくれるため元気に過ごす事ができると言われています。

また精神面の安定や更年期障害などのホルモンに関する病の改善にも良いとされている事から積極的に摂っていきたい成分となっています。

しかし、このプラセンタですがプラセンタ注射で過剰に打ってしまった場合やプラセンタを配合しているサプリメントやドリンクを過剰に飲み、摂取してしまった場合、実はニキビや体のむくみなどが生じる事があるのです。

 

サプリメントの過剰摂取は避ける

サプリメントなどの健康食品は、過剰摂取をする事により体に異常が起きてしまう事があるという報告はよく耳にするかと思います。

特にビタミンC、ビタミンE、亜鉛、カリウム、ミネラルは過剰摂取をする事により体に異常がでやすいといわれています。

また妊娠をしている時はビタミンAの摂り過ぎは絶対に禁物とも言われています。このようにプラセンタも他の栄養素同様、摂り過ぎはあまりよくないのです。

しかしプラセンタは、他の栄養素を凝縮したサプリメントとは違います。

プラセンタには多数の栄養素が含まれているため、上記のような一部の栄養素を凝縮したサプリメントのように過剰摂取する事により同じ栄養素を過剰に体に取り入れてしまう事になるわけではありません。

プラセンタの場合は、色々な栄養素がまとめて入ってくるイメージです。

だからと言ってプラセンタも大量に摂取していいわけでもないのです。

プラセンタの場合、同じ栄養素が凝縮されているものではありませんが豊富な栄養素を含んでいる事には間違いがありません。

そのため過剰に摂取をすれば体は、吸収や分解をする事ができずにむくみやニキビ、最悪の場合は、肌にかゆみとして現れ異変を知らせてしまう事もあります。

このような事を避けるためにも決められているプラセンタを使用する際は、決められている規定量を必ず守り摂取するようにしましょう。

 

一般的には副作用はないという見解

プラセンタは現在、一般社団法人日本プラセンタ協議会の報告では過剰摂取による副作用はないものとされています。

しかしやはり人間の体はそれぞれ違います。そのため個人によりプラセンタを過剰摂取する事により”異変”が現れてしまう事もあります。このような事も必ず覚えておきましょう。

またプラセンタ注射を打つ際は、前回はいつに打ったなどの報告を必ず医師に伝えるようにしましょう。

医療機関によっては、プラセンタ注射を連続した期間に打つ事ができない場合があります。

そのためある程度の日数を開けなくてはならない事があるのです。プラセンタ注射を打つ場合は、このような事も覚えておきましょう。

私が使っているおすすめプラセンタ 詳細レビューはバナーをクリック エイジングリペア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ