プラセンタとHIVウイルスの関係

人類の課題として何年もの間、問題となっているのがHIVウイルス。

このHIVウイルスは感染するウイルスとして世界中で問題視されている病気の一つとなっています。

HIVウイルスは免疫力が低下しだんだんと体が弱くなり、健康な人であっても様々な細菌やウイルスですぐに病気を発症させやすくなる病気とされており、潜伏期間が数年から10年前後と長いこともあり実際にHIVウイルスに感染していた場合でも気がついていない可能性もあるといわれています。

またHIVウイルスはきちんとした発病の知識や感染の経緯が知られていないのにも関わらず名前ばかりが知られている病気ともいわれており、現代の問題ともなっている病気なのです。

このHIVウイルスですが実は実例はありませんがプラセンタでも感染する可能性があるとして海外で家畜を行っている人間達の間では小さく噂をされたことがありました。

 

HIVウイルスの感染について

HIVウイルスの感染ルートは主に粘膜を伝う行為である性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス、素股など)が主といわれています。

しかしHIVウイルスの感染ルートは性行為以外にも血液感染、母子感染の2つも含まれています。

このHIVウイルスの感染ルートの一つである血液感染について、海外の家畜を行う人々は「豚や牛などの動物もHIVウイルスを持っているのだから血液感染してしまう可能性もあるだろう」と言い、小さく問題を呼んだのでした。

確かに動物達の場合、家畜側が数匹HIVウイルスを確かめるチェックなどを行う可能性があっても漏れてしまうことや確認しきれずに出荷されてしまう可能性もあるため、100%安全とは言い切ることができません。

また動物感染からのHIVウイルス感染は治療が非常に困難ともいわれており改善の余地もないといわれています。

 

市販のプラセンタは感染の心配はなし

しかし、実際にプラセンタからHIVウイルスに感染する可能性は非常に低く、ほぼ絶対にありえないこととも言い切ることができます。

そもそもプラセンタに使用される動物は、プラセンタ専用の飼育を受け、他の家畜とは違う隔離された安全性の高い環境の中で厳密な検査を受け、合格したもののみを原材料に使用して作られています。

そのため危険度の高い家畜や市販されている食料品ようの家畜などとは違い、安全性がとても高いと言い切ることができます。

そのためほぼ100%安全な動物から摘出した胎盤のプラセンタであるため、HIVウイルスへの感染は完全にあり得ないといえるでしょう。

 

また過去にプラセンタ使用者の間からHIVウイルスへの感染があったとの例は一切ありません。

そのためHIVウイルスをプラセンタから発症させることは本当にありえない話に近いものといえるでしょう。

もしプラセンタでHIVウイルスを発症する例が出てしまったのであれば、スーパーに並んでいる肉類やお肉屋さんなどで売られている肉類を食べたことでHIVウイルスに感染してしまう人がでていることが当たり前のようになることに違いありません。

そのような現状でも今の時点ではないので、今後も将来的にはありえない話となるでしょう。

 

どうしても気になる人は魚や植物などを原材料としたプラセンタを

どうしてもHIVウイルスが気になる、感染症が気になる場合は無理に動物性のプラセンタを使用する必要はありません。

近年ではプラセンタの中でも魚や植物などを原材料として使用しているものもあります。

このような原材料のプラセンタアイテムは、動物性のプラセンタと比較してしまうと効果は少々薄くなってしまいますが効果が全く0というわけではありません。

どうしても心配である場合や動物性の前に違うプラセンタを使ってみたいと考える場合は、そのようなタイプのプラセンタアイテムから使用してみることも良いかもしれません。

 

HIVウイルスの感染について間違えた知識を持っている方も多いため(トイレ感染、空気感染、コップ感染など)いろいろと市販されているものにもHIVウイルスの危険性が潜んでいるのでは?

とデリケートに考えてしまう方が多いことは仕方がないことです。

しかしHIVウイルスという大きな病気があるからこそ、その病気を避けるためにも定められた厳しい審査基準などが存在しており、それをクリアーしているからこそ商品として誰でも購入をすることができるものとなっているものも多数存在しています。プラセンタもその一種であることを覚えておきましょう。

私が使っているおすすめプラセンタ 詳細レビューはバナーをクリック エイジングリペア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ